Google Drive の画像の直リンクURLを取得する – ありふぁぼ

概要

KENGOです。
今回は、タイトルの「Google Drive の画像直リンクを取得する方法」をご紹介したいと思います。

個人的にパソコン内がすぐごちゃごちゃになるタイプなので、
その時しか使わないような、WEBスクリーンショットなどは、一時的にでもローカルに落としたくない。

よく使うスクショ拡張機能などは、直接Google Driveにデータを渡せるものも多い。
なので、直接呼び出せると個人的には非常に便利だ。

GitHub や Qiita に手軽に画像を載せたい時にも Google Drive を利用できる。

活用シーンはいろいろあると思いますので、覚えておいて損はない。

方法

ドライブ上で画像を表示したURLや共有リンクはこのようになっている。

https://drive.google.com/drive/folders/{ID}
# {ID} 部分にはファイル個別の文字列が入る

これでは、imgタグなどで表示されません。
しかし、以下のように書き換えると表示されます。


http://drive.google.com/uc?export=view&id={ID}

このアドレスで、imgタグでも呼び出せますし、
MarkDownでも呼び出すことができます。

ぜひ、ご活用ください! それでは、今回はここまで。

Google Code Prettify を Monokai スタイルにしてみました。

こんばんは。
前回に続きましてKENGOです。

昨日、1記事目を作成している時に、
いろいろとコード記述などの装飾が不足しているなと思い、
作成いいたしました。

まずは、コード記述エリアの表示。

Google Code Prettifyが良いなと思い、
使えるようにしてみましたが、いまいち既存のカラーリングでは
満足できなかったので、大好きな Monokai をベースに
カラーリングを設定し、さらにWhitespaceの・表示や
インデントラインを表示させるように調整しました。

cssの編集だけでは、できなかったので、
一部JqueryでDOMを編集もしています。

そして、できたのが以下です。

< ?prettify?>

var Account;

Account = function(customer, cart) {
  var _this = this;
  this.customer = customer;
  this.cart = cart;
  return $('.shopping_cart').bind('click', function(event) {
    return _this.customer.purchase(_this.cart);
  });
};

続きを読む Google Code Prettify を Monokai スタイルにしてみました。

ヤフーショッピングの拡張機能開発で Javascript の if 文を ruby 感覚で書いてハマった

こんにちは。
ARRIBA開発チーム プログラマーの剣豪(けんご)です。

年末ということもあり、社内一様に多忙でございますが、
「このままでは年が明けても投稿されないぞ!」
という思いで、ようやく第一回目がを投稿致します。

記念すべき第一回目ではございますが、
ライトなネタで、さくっと行きたいと思います。

自身でもこれは凡ミスだとと思ったネタですが、
思い込みとは怖いものです。
有り得そうかな?と思ったので備忘録的な意味も込めて書きます。

私はしっかりと勉強した言語はRubyが初めてで、
もともとWEB畑でしたが、HTMLとjsをコピペで修正しながら使えるようなものでした。

しかしながら、最近は業務で必要なChrome拡張機能の開発や、
Web制作の受注が多くなってきたため、強制的にJavaScriptをやっております。
と言いましてもほとんどJQuery有りきの、まだまだJavaScript弱者ですが・・・
さて、前置きはこれぐらいで本題に。

本日、拡張機能開発で、こんなふうなコードを書いておりました。

続きを読む ヤフーショッピングの拡張機能開発で Javascript の if 文を ruby 感覚で書いてハマった